カフェイン

カフェインはキサンチンに属するアルカロイドで、60種以上の植物に含まれる化合物です。主にコーヒー、茶、カカオ、コラの実、ガラナーなどの植物に含まれています。また、ガラニン、 テイン(茶葉に含まれる)などの別名でも知られています。

 

効果

カフェインは、中枢神経に作用する興奮剤です。眠気や疲労を除去し、脳を活性化させ、注意力、思考能力を向上させます。また、利尿作用があることでも知られます。

カフェイン

偏頭痛

カフェインは血行の悪さからくる頭痛を緩和します。心筋の収縮剤として作用し、冠動脈を拡張させます。多くの頭痛薬、神経痛を緩和する薬に含まれています。

運動能力

カフェインは運動能力に大きな効果を発揮します。思考力、運動能力に直接働きかけます。スポーツ選手についての研究では、自転車競技者やランナーなど持久力の必要とされる種目において、カフェインを摂取することにより50%の運動能力がアップすることが知られています。

認識能力

記憶力、知覚、学習能力の向上が知られています。

減量

カフェインはカロリーの代謝を促進させます。脂質を減らし、満腹感を持続させます。

カフェイン

現在、カフェインは向精神物質(一時的に知覚、活力、行動力、意識を活性化する)として、世界のもっとも広い範囲で利用されています。コーヒーや紅茶としてではなく、多くの清涼飲料水、強壮剤にも含まれ、痛み止めとしても使われます。
アメリカ合衆国では、FDA(食品医薬品局)による定義で、”通常危険性のないことで知られる食品に含まれる成分”になっています。

使用上の注意

どんな食品や薬も過度の摂取をすることにより、体に害を及ぼします。
カフェインを過剰に摂取することにより、ストレス、極度の不安、体のふるえ、不眠、動悸が激しくなるなどの症状を引き起こします。心臓疾患で高血圧の人、ストレスを感じやすい人、不安感があったり、睡眠異常(眠れない、睡眠する時間帯の異常など)の人はカフェインの摂取を控えてください。

主な食品とアルティビタルのカフェイン量の比較

CAFEINA japon dibujo

 

アルティビタル(ALTI VITAL) – カフェインの量
– カフェイン(12.5㎎以下)
– ガラナー – カフェインの量: 4.5mg~10.5mg

1カプセル中のカフェイン総量: 17mg~23mg

1日に摂取できるカフェイン量

1日200mgまでが良いとされています。取りすぎた場合の症状は人により違います。

EFSA – 欧州食品安全機関

成人:1日あたり最大400mg(1日あたり約5.7mg / kg体重)の摂取量は、一般集団の健康な成人の安全性の問題を引き起こしません。
妊娠中/授乳中の女性:1日あたり200 mgまでのすべてのソースからのカフェイン摂取は、胎児の安全性の問題を引き起こしません。
子供と青年:子供と青年による習慣的なカフェイン消費のために、1日3mg / kg体重の安全レベルも提案されています。

FDA – 食品医薬品局 – アメリカ合衆国

健康な成人の場合、FDAは1日400ミリグラム(約4杯または5杯のコーヒー)を危険な悪影響とは一般的に関連付けられていない量として引用しています。 しかし、人々がカフェインの影響にどれだけ敏感であるか、そしてどれだけ速くカフェインを代謝するかに大きなばらつきがあります。

});