ガラナー Guaraná

学名: Paullinia cupana
原産: アマゾン高地ジャングル

 

ガラナとは?

ガラナはアマゾンジャングル原産の小さな果物で、熟すと自然に開く、オレンジがかった赤い殻を持っています。果肉は白く、種はつぶらな瞳のように黒々しています。
ガラナは最もカフェインが多く含まれる植物として知られています(とくにガラナに含まれているカフェインをガラニンと呼ぶ)。
この植物はカフェインを含む。

ガラナはよく、栄養ドリンクの成分の中に見られます。

 

ジャングル アマゾニア フルーツ

特徴

  • 興奮剤
  • 偏頭痛の緩和
  • 消化促進
  • 利尿作用
  • 鎮痛作用
  • 思考力向上
  • 運動能力向上

ガラナは主に活力増進と、注意力向上に素晴らしい効果を発揮します。

成分としてはタンニンを多く含み(最高12%)、ガラニン(カフェイン)の効果を散漫にし、ゆっくりと、体にやさしい刺激の少ない状態で吸収させます。コーヒー好きな人々にありがちな精神不安や、興奮は感じさせません。

 

成分

アルカロイド

ガラニン プリン塩基に由来する。カフェインに似ている。 偏頭痛の緩和、眠気と疲労をなくす。
テオフィリン メチルサンチン 精神力回復
中枢神経を興奮させ、やる気を出させる。
気管支拡張剤:気管支を広げ、呼吸を楽にする。
利尿剤
テオブロミン メチルキサンチン、カフェインに似た特徴がある。カカオにも含まれる。 プラス思考になる効果
血管拡張薬:動脈圧を少なくし、血液の流れを活発にする。
心臓を興奮させる
  • タンパク質 (15%)
  • カテキン(タンニンの一種)(12%)  抗毒作用、肝臓に刺激を与え、胆汁の分泌を盛んにし、脂質の消化を促す。下痢にも効果あり。胃腸炎、全腸炎(大腸と結腸の炎症にもよい。
  • 糖質、トリテルペノイドサポニン、シアノリピド、岩塩
  • ビタミンA,B,E

その他の特徴

  • 記憶力向上
  • 催淫剤(媚薬)
  • 抗酸化作用
  • アンチエイジング
  • 喘息抑制剤
  • 気管支保護
});